最適な霊園は専門業者に相談して選ぶのがおすすめです

墓石と紫色の花

霊園を選ぶときに注意するポイント

並んだロウソク

近年、少子化が進み、お墓の管理が難しいなどの理由で、「墓じまい」をする人が増えています。昔のように、自分のお墓を自分の子孫がずっと管理し、お参りしてくれるとは限りません。自分の子孫の負担にならないように、生前から霊園を探したり、予約したり、専門業者に相談する人も増えています。霊園を探すときにいくつか注意するべきポイントがあります。
まず一つ目はお墓の種類です。最も一般的なお墓は、一般墓といいます。一般墓の場合、子孫が代々継承していくお墓なので、継承者が必要となってきます。それに対して、お墓の継承者の心配が不要なのが「永代供養墓」です。お寺などが供養してくれるので、管理料が不要の場合が多いです。同じく、お墓の継承者が不要であるのが、自然の中にお骨を埋葬する「樹木葬」で、最近人気となっています。そのほかに納骨堂にお骨を納める方法も人気が出ています。霊園を選ぶときは、一度現地の環境を確認するのがおすすめです。霊園のアクセスのしやすさ、設備や周囲の環境、霊園管理の状況などが重要なポイントになってきます。そして、周辺の自然環境も落ち着いてお墓参りできる環境であることが望ましくなってきます。費用の面では、霊園を管理するための管理料の他に永代使用料が必要になります。管理料はお墓を継承する子孫が支払わなければいけない費用なので、子孫の負担も考慮する必要があります。